当院について

あおば治療院からのご挨拶

あなたが今感じている全身の不調や痛みは、生活習慣の乱れや心身のバランスの崩れが原因となっていることがあります。
それらの症状から少しでも楽になるためには、一時的な痛みの軽減ではなく、不調を感じている部位(局所)と全身、そして心と体の状態を整えていくことが大切です。

当院では鍼灸・マッサージ・心理セラピーの3つを柱とし、つらい痛みや心の苦しさでお困りの方が、自分らしくイキイキとした毎日を過ごせるようにお手伝いをいたします。
普段の生活習慣や過去の病気、仕事や人間関係で抱えているストレスなど、何でもお話しください。その内容をもとに、あなたのためだけの施術をいたします。

院長紹介

森谷 太郎

小宮山 正之Komiyama masayuki

救急医療センターで事務員をしていた頃、深夜に喘息などで苦しんでいる方を多く見てきた私は、いつしか自分のやり方で不調に苦しむ方の力になりたいと思うようになりました。
働きながら学校に通い鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の資格を取得。卒業後は著名な中医師である呉澤森先生の助手兼代診を務め、その後、三島市の脳神経外科での鍼灸外来を経て2002年にあおば治療院を開業。多くの方のケアをする中で体の不調の多くは心の不調が原因であることを実感し、体と同時に心の悩みもケアする必要があるという考えにたどり着き、心理学や心理セラピーを学びました。
そして「誰にでもその人の中に自分を癒やす力がある」という理念のもと、鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・心理セラピストとして27年以上、4,000名以上の方の心身のケアを続けてまいりました。
少しでも不調を感じたら、どうぞお気軽にご相談ください。多くの方が痛みや苦しみから解放されて笑顔になり、そしてその笑顔を見たご家族も安心できるように、日々の勉強や研鑽を怠らず邁進します。

略歴
  1. 御殿場市救急医療センターで夜勤の事務員をしながら神奈川衛生学園に通学。あん摩マッサージ指圧師、鍼師、灸師の厚生大臣免許を取得。
    御殿場市深沢にて小宮山治療院を開業するが中医学をさらに学ぶため閉院し、呉迎上海第一治療院で呉澤森先生の助手兼代診として勤務。
    その後三島市の中島クリニックで鍼灸外来を経て2002年、御殿場市萩原にあおば治療院を開業。現在に至る。
    2007年からは日本における中医鍼灸の第一人者、白川徳仁先生に師事。中医鍼灸と共に調気手技療法や白川式頭皮鍼を学ぶ。
    施術師としてだけではなく、李式伝統鍼灸臨床懇話会の会員として毎年症例を発表。さらには静岡県鍼灸マッサージ師会無資格者対策委員や御殿場市鍼灸マッサージ師会副会長を歴任。
    現在はカウンセリングや心理学、座禅、瞑想など学びの幅を広げ、より積極的な健康作りのお手伝いをしている。

当院概要

名称
あおば治療院
代表
小宮山 正之
設立
2002年5月
営業時間
【土・日・祝日】
9:00~12:00/14:00~19:00
【火・水・金】
7:00~12:00/14:00~19:00  

※7時台、8時台の施術は前日までの予約が必要です。
定休日
月曜・木曜
           
© 2021 あおば治療院