注目キーワード
  1. 腰痛
  2. 自律神経
  3. 肩こり

自律神経失調症

頭痛、不眠、動悸、めまい、肩こりなどに悩まされ、病院で「自律神経失調症」と診断され薬を飲んでいるがよくならないと、いう方がたくさんいらっしゃうます。 自律神経失調症とはどんな病気でしょうか?また、どうすればよくなるのでしょうか?

自律神経失調症とは

私たちの体には自分の意志でコントロールできる部分と、そうでない部分とがあります。 例えば手や足は自分の意志で動かせますが、心臓や胃などは意志とは無関係に働きます。 このような自分の意志とは無関係に働く体の部分をコントロールしているのが自律神経であり、その機能の乱れが自律神経失調です。
では、自律神経の働きはなぜ乱れるのでしょうか?
それを説明する前にまずは自律神経の役割について見ていきましょう

自律神経の役割

私たちの体で、自分の意志でコントロールできるのは頭脳、つまり思考活動と筋肉の動きだけです。(100%コントロールできるわけではありませんがおおまかに書きます)
頭で考え、筋肉を動かす、このようにして私たちの活動は行われますが、それ以外の内臓や血管、汗腺、分泌腺など体のほとんどの部分は自律神経のコントロールを受けながら自動で働いています。
体が活動すると、自律神経のうち交感神経という活動のための神経が働き、心臓の鼓動や呼吸を早くさせ、汗を出して熱くなった体を冷まします。休息時には自律神経のうちの副交感神経という回復のための神経が働き胃腸の消化活動などが行われます
このように自律神経は体の活動に、内臓など体の内側の働きを適応させているのですが、ほかにも2つの重要な要素に体を適応させる働きをしています。
そのひとつが季節や昼夜の移り変わりなど自然界のリズムへの適応であり、もうひとつは私たちの内側で生まれる感情への適応です。
自然のリズムに対する適応としては、昼は交感神経が働き体が活動的になり、夜は副交感神経が働き眠る、などが一例です。
感情に対する適応の例を挙げると、怒りを感じると体が熱くなり筋肉に力が入りますが、これは敵と戦うための準備であり、恐れを感じると体がこわばり呼吸は浅くなりますが、これは身を潜めて敵から隠れるために必要なことです。

ここまでのまとめ
 1、思考と筋肉の動き以外のすべては自律神経が調整している
 2、自律神経は、 ①体の活動、②自然界のリズム ③感情 の3つに体を適応させる
 3、活動時には交感神経が、休息時には副交感神経が働く

自律神経が乱れる理由

自律神経の働きは以下のような原因で乱されます

①自然のリズムと調和しない生活

私たちの体は太陽の出ている昼間に活動し夜間は休息するようにできています。 昼は交感神経が活発に働き、夜は副交感神経が優位に働くからです。 昼の長い夏はたくさん働き昼の短い冬は仕事も減らす、これが本来の人間の生活リズムです。昔のお百姓さんはそうでしたよね。 現代は夜遅くまで電気をつけて起きている人が増えました。夜更かしの朝寝坊、もしくは夜更かししても朝が早い慢性睡眠不足。このような生活が自律神経に負担をかけています。

②ストレス(感情エネルギーの負担)

感情は自律神経を動かすエネルギーです。
感情は脳の偏桃体というところで生まれます。偏桃体は周囲が危険か安全かを判断する場所で、周囲の状況を瞬時に判断して体に信号を送り、感情というエネルギーが生み出されます。すると自律神経の働きで体の状態は一瞬で変化します。
ヘビを見て「ギャッ」と叫んで飛びのいた、という経験をした方もいるでしょう。この時「ヘビだ」と思った瞬間には体が動いています。 偏桃体から出た「危険」という信号が驚きという感情を生み、体を飛びのかせたのです。
偏桃体が危険と判断すれば怒りや恐れなど身を守るための感情が生まれ、安全と判断すれば安らぎなどの感情が体をリラックスさせます。 このように不快な感情も心地よい感情も私たちを守るために必要なのですが、怒りや不安などの感情が長く続いたり、頻繁に現れると緊張状態が続き自律神経は疲弊してしまいます。これがいわゆる「ストレス」と呼ばれる状態です。

③ 感情を抑え込む

生きていると感情を表に出さず我慢する場面があります。 例えばお客さんに理不尽なクレームを言われ落ち度もないのに、「すみません」と謝ったとします。
理不尽なことを言われれば怒りがわきます。これは戦って自分を守るためのエネルギーです。 ですが「お客と喧嘩すれば会社をクビになるかもしれない」などの考えが怒りのエネルギーを押さえこんだわけです。
「不安だけれどやらなければならない」「悲しいけれど人前で泣いてはいけない」など私たちは感情というエネルギーを理性という頭の判断で抑え込んでしまう場面がたくさんあるのではないでしょうか?
感情は自律神経を動かすエネルギーです。これを頭の判断で抑え込むことが続けば自律神経がうまく働けなくなるのももっともです

④頭ばかり使う生活

交感神経が働くと活動のためのエネルギーが生み出されます。そのエネルギーは筋肉を動かしたり声を出すことで使われます。 スポーツや肉体労働、大声で歌った後などにさわやかな気分になるのは、生み出されたエネルギーがしっかり使われたからです。
ところで交感神経は体が活動する時だけでなく、頭脳が活動する時にも働きます。
つまり、じっとして考え事をしている時にも交感神経はエネルギーを生み出し続けるのです。 しかし体が活動しないためにそのエネルギーは使われず蓄積されていきます。すると体は緊張状態に入ります。無意識のうちに体は固くなり筋肉は緊張します。 頭ばかり使った後にグッタリとした疲労感が出るのはこのためです。 この緊張感が持続すると体はリラックスモードに入れず副交感神経は働けなくなり睡眠や消化吸収に悪影響を与え疲労が回復しなくなっていきます。  ⑤ 飲食物の影響
ストレスが続くとお酒やタバコ、甘いお菓子などの嗜好品の摂取が増えます。 それは、アルコールやニコチン、砂糖には一時的に緊張を緩めてくれる作用があるからです。そのような意味で嗜好品は一時的に自律神経のバランスをとってくれる側面があります。ですが、毎日お酒を飲む、ご飯をあまり食べずにお菓子を食べるといった状態になると自律神経は失調します。 アルコールや砂糖の取りすぎは体の中のエネルギーの流れを悪くしますが、エネルギーの流れが悪くなると体はだるくなり、気分もふさぎがちになり、交感神経も副交感神経も本来の働きができなくなります。

自律神経失調の3つの状態

自律神経失調には大きく分けて3つの状態があります。
①エネルギー渋滞型

交感神経により作り出された活動のためのエネルギーが使われないために、体の中で渋滞を起こし詰まっている状態です。体を動かさず頭ばかり使っていたり、考え事ばかりしたり、感情を表に出さず押さえつけていることで起きやすい自律神経失調です。 肩こり、背中やおなかの張り、便秘、食欲不振、胸苦しさ、のどの詰まり、息が吸い込みづらい、体がだるいなどの症状が出やすくなります。 軽症の場合、適度な運動により渋滞しているエネルギーを巡らせると改善できますが、渋滞がひどい場合や長く続いた場合には鍼をすることで詰まっているエネルギーを通してあげる必要があります。

②過緊張・過興奮型

交感神経が過剰に働いたために体が過緊張、過興奮の状態になることで起こる自律神経の失調です。 怒りやイライラなどの感情を強く感じたり、感情を抑え続けることで緊張が長く続いたりして起こります。交感神経が働きすぎて過剰なエネルギーが生み出されると体は過熱状態になります。(怒ると顔が赤くなるのもこのためです)過熱状態になったエネルギーは頭、顔、首肩など体の上部に上るため頭痛、耳鳴り、めまい、ほてり、首や肩のコリなど体の上部の症状が出やすくなります。 イライラして眠れなくなったり、胸焼けや胃痛なども出やすくなります。
このタイプは運動による改善は困難です。 鍼の治療で上ってしまったエネルギーを下におろし、過熱状態を改善し、体の緊張を緩める必要があります。

③エネルギー不足型

副交感神経がしっかり働けないために体が回復できずエネルギーが不足してきた体力消耗型の自律神経失調です。
副交感神経が働かないと体も心もリラックスできなくなり、睡眠や食物の消化吸収、体の免疫機能などがうまく行えなくなります。
その結果眠いのに眠れなかったり、夜中に何度も目が覚めたり、食欲がなくなり体がやせたり、手足がむくんだり、下痢したりします。免疫機能が落ち風邪をひきやすくなり、体もだるくやる気も出なくなり、うれしい、楽しいなどの感情も感じられず無表情になります。うつ病の一歩手前という状態です。 ①のエネルギー渋滞型と違い運動よりも休息が必要になりますが、副交感神経がうまく働かないため休息してもなかなか体力が回復しません。
回復の一番の早道は鍼治療だと私は考えます。鍼は詰まったエネルギーを通すだけでなく、エネルギーが不足しているときには体がエネルギーを作り出せるように内臓諸器官を調整することができるからです。 睡眠状態や胃腸の働きがよくなると体はエネルギーを作り出せるようになります。 そうなったら今度は、適度な運動をして回復を後押ししてあげればよいのです。

以上説明した3つの状態の自律神経失調は単独で現れるとは限らず、2つ以上の状態が一人の人に同時に現れることも多く、体の状態と精神的な状態を詳しく伺い、その方の状態に合ったオーダーメイド的な治療を行ないます。

自律神経失調かなと思ったら

① 病院へ行くべきか?
自律神経失調症の症状の多くは他の病気でも現れることがあり、重大な病気の可能性もなくはありません。そのような病気が心配ならば病院を受診すべきだと思います。検査の結果、何もなければ心配事を一つ減らすことができます。
ところでお医者さんはどのような場合に自律神経失調症と診断するのでしょうか?検査をしても異常が見つからない時です。「症状があるのに異常が見つからない、自律神経のせいなのだろう」というわけです。これは現代医学には自律神経の状態を把握する方法がないということです。 自律神経の異常とは体のエネルギー代謝の異常です。東洋医学ではエネルギーの異常を「気の異常」としてとらえ治療する理論がありますが、現代医学は人体をエネルギーとしてとらえる視点がないため診断と治療の方法が限られているのです。
病院での治療は投薬が中心で、精神安定剤、自律神経調整剤、ビタミン剤、その他症状に合わせて睡眠薬、整腸剤、胃薬、頭痛薬などが処方されます。 薬は不安や緊張感、肩こりなどに一定の効き目がありますが問題点もあります。副作用と依存性です。 だるさや眠気などが副作用として出ることが多く、薬の効果より副作用のほうを強く感じてしまう人もいます。 自律神経失調には交感神経と副交感神経それぞれが働きすぎてしまう場合とうまく働けない場合とがあり、一律同じ薬で治療するのは無理があるのです。

② すでに薬を飲んで いる場合
精神安定剤などをすでに飲んでいる方が鍼治療を受ける場合には、お薬を飲みながら治療を開始することをお勧めします。治療で体調が回復してきたらお薬を減らしていきます。 薬は自己判断でいきなりやめないことが大切です。 効いていないように感じていても薬は一定の効き目を出していることがあり、いきなりやめてしまうと体調が崩れてしまうことがあるからです。

>診療時間外もネットから予約できます

診療時間外もネットから予約できます

こちらのボタンをクリックするとエキテンページが開きます  (診療時間内は電話にてご予約ください)

CTR IMG