注目キーワード
  1. 腰痛
  2. 自律神経
  3. 肩こり

慢性腰痛

慢性的腰痛に悩まされる人はとても多く、整形外科にもたくさんの患者さんが訪れますが、その多くは病院にかかっても治りません。
なぜなら慢性腰痛の多くは筋膜や関節包など画像検査ではわからない場所に問題があったり、あるいは全身的な体質、体調の問題が腰痛の原因であることも多く、現代医学では原因も分からず有効な治療法がない場合が多いのです。
中医学では慢性腰痛を主に次の3つタイプに分けて治療を行います

1、 腰の力の不足が原因のタイプ
足腰、あるいはおなかの力が弱く、腰をしっかり支えられずにおこる腰痛です。体質や体調の問題が腰の症状として現れているのです。 朝は楽で夕方にかけ徐々に痛くなる、疲れると悪化し休むと楽になる、長く立っているのが辛いなどの特徴があります。足腰のだるさや頻尿、夜間尿、食欲不振など腰以外の症状を伴うことが多く、腰だけでなく、体質・体調を改善するツボにも治療が必要です

2、 腰の関節や筋の慢性炎症によるもの
曲げる、反らす、ひねるなどの特定の動作により痛みます。多くの場合、反対方向へ動かすのは平気で、じっとしている時には痛みは感じません。このタイプは腰の局所に問題があるのですがレントゲンなどではわからないため病院にかかってもなかなか治りません

3、 慢性の血行障害によるもの
じっとしていると痛くなり、動いているほうが楽になります。朝の起きぬけに痛みが強く、夕方にはある程度楽になります。腰に冷えを伴い雨天や寒冷で悪化するタイプと、腰の重苦しい痛みとともにほてり感があり、お酒や辛い物の飲食で悪化するタイプがあります。

鍼で慢性腰痛を治療する場合それぞれの原因ごとに異なった治療を行います。いずれのタイプも中医学の治療は高い治療効果が期待できます。

腰を悪くする4つの習慣

  1. 睡眠不足
    腰の椎間板は起きている間に体重で凹み、寝ている間にもとに戻ります。睡眠不足だと椎間板に疲労が溜め込まれ、ヘルニアなどの原因になります。また、睡眠不足の状態では筋肉が硬くこわばりやすく、これも腰痛の原因になります。
  2. 食事の不節制
    胃の調子が悪いときには背中が張ってきますが、胃が悪くならなくても不規則な食習慣や、早食いのためよく噛まない食習慣の人は背中から腰にかけて慢性的な筋肉のこわばりが出てきます。 また、お酒や、脂こいもの、甘いものを好む人は血行不良による腰や足の重だるい痛みが出やすくなります。
  3. 慢性的なストレス
    ストレスが影響した腰痛では痛みとともに張った感じがしたり、痛みは強かったり弱かったりして、痛い場所が一定でないなどの症状が出ます。男性に多い腰痛のタイプです。
  4. 不良姿勢や運動不足
    背もたれに寄りかかりイスに浅く座る、長時間あぐらをかくなどの姿勢により椎間板には大きな負荷がかかります。なるべく背筋を伸ばして座りたいものです。また、慢性的な運動不足の方は、足腰の血行が悪くなるとともに筋力も弱くなり腰痛の原因になります。



慢性腰痛Q&A


Q:痛くても運動をしたほうがよいでしょうか?

A:慢性腰痛は運動することによって軽減するケースが多く見られます。ただし、どのような運動が効果的かは腰痛のタイプによって異なり、たとえば腹筋運動を続けて楽になる人もあれば、逆に痛くなってしまう人もあります。 一般的な法則を言えば痛む動作をとるような運動は避けるべきです。一度診察をさせていただければその方の腰にあった効果的な運動をアドバイスすることができます。

Q:冷シップと温シップどちらが効果的ですか?

A:冷シップを貼ると楽な人もいれば、温シップのほうが楽な人もいます。また、どちらも効果を感じられない人も多いです。シップは貼って気持ちが良いほうをお使いください。もし貼っても気持良よく感じられなければ貼る必要はありません。

Q:腰痛ベルトはしたほうがよいですか?

A:腰痛ベルトをしているとかえって痛むタイプの腰痛もあります。していても痛む場合は試しに一度外してみましょう。外してみて、より痛いようでしたら腰痛ベルトは効果的だと言えます。 ただし、ベルトをいつもしているとベルトに頼ってしまい腰の筋力がますます弱くなる場合があります。ベルトは補助的に用いる程度とし、鍼治療により腰痛をきちんと治してしまうことをお勧めします。

Q:レントゲンで骨が変形していると言われました。もう治らないでしょうか?

A:年齢とともに腰の骨には様々な変性が生じ、関節軟骨がすり減ったり腰椎が変形して棘のような突起を生じたりします。一般的に変形がひどい場合にはやや頑固な腰痛になる傾向がありますが、鍼治療を受けても楽にならない人というのはほとんどなく、骨の変形は治らなくても腰痛は楽になります ぜひご相談ください。

>診療時間外もネットから予約できます

診療時間外もネットから予約できます

こちらのボタンをクリックするとエキテンページが開きます  (診療時間内は電話にてご予約ください)

CTR IMG